FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-23(Sat)

新商品!

まもなく新商品を発売します。

DSC01348.jpg
スポンサーサイト
2013-11-22(Fri)

エマージェンシーストップ!

起動直後に重要な点はE-Stop(エマージェンシーストップ)です。
E-Stopは強制停止を意味します。この状態ではJOG操作やNCコードの実行は出来ません。また強制停止中はモーターイネーブルがオフになります。

強制停止を解除するには、メイン画面の×マークをクリックするかESCキーを押します。

WS000005のコピー


設定で"終了時に強制停止"にチェックを入れると、ソフトを終了した時にE-Stop(イネーブルオフ)になります。

WS000010.jpg
2013-11-20(Wed)

CNC USB controller mk2/4の設定について 最新版!(2013/11/20)

動作に必要な最低限の設定についてご説明致します。

まずは言語設定で日本語にします。

WS000000_20131120133353b32.jpg

設定はこちらより

WS000009.jpg


送り軸 の設定です。
モーターイネーブルとは、E-Stop時にステッピングモーターの電流をカットする機能です。
モーターイネーブル機能を使う場合は"モーターイネーブル信号"にチェックを入れます。
お使いのCNCドライバーに合わせて"イネーブル High/Low"で切り替えて下さい。(現バージョンでは日本語に誤りがあります。)

イネ

"方向正逆" チェックを入れるとマシン側各軸の動きが逆転します。
       フライスマシンに合わせて設定して下さい。
"High/Low" ステップピンの動作 [通常_0V パルス時_5V] と [通常_5V パルス時_0V]を入れ替えます。
       CNCドライバーに合わせて設定して下さい。

軸



送り軸 - セットアップ の設定です。
 "1mm間のステップ"の求め方
  ステッピングモータが1周するのに必要なステップ 例200
  フライスマシンの送りネジピッチ 例2mm
  モータードライバのマイクロステップ機能 例1/8

 モーターステップ ÷ ネジピッチ × マイクロステップ = 1mm間のステップ
 200 ÷ 2 × 8 = 800

加速度
 "イニシャルスピード" 初動のスピード(mm/分)です。加速はこの速度から始まり減速はこの速度で止まります。
            効率とマシン安定性から選択して下さい。
 "最大スピード" 加速の限界速度(mm/分)です。NCコードでこれ以上の値を設定してもこれ以上の速度には
         なりません。JOG操作やトラベル時は基本的にこの値になります。
 "加速度" この値が少なくなるほどゆっくり加速します。

WS000013.jpg



速度 の設定をします。
 "無指定時のF値"
 "限界空走スピード(トラベル)"
 速度がこの値に制限されます。送り軸で設定した値を使うためにこの値はそれ以上に設定します。
  送り軸設定を超えることは有りません。

WS000000_20131120135932d16.jpg




主軸(スピンドル)の設定について
mk2/4基板はout1ピン、out2ピン、out7ピンのどれかを使います。

先に "アウトプット-ピン設定"から設定します。
"Output pin - 主軸のOn/Off" 割り当てるピン番号を設定します。1 2 7のどれかを選択します。ミスト、注水と重ならないようにして下さい。

WS000014.jpg

"アウトプット"のピン番号のチェックを入れると [主軸ON_0V 主軸OFF_5V] と [主軸ON_5V 主軸OFF_0V] を入れ替えます。上で主軸に割り当てた番号をフライスマシンに合わせて設定します。

画像WS000015.jpg


JOG操作の速度を設定します。
JOG操作とは、キーボードのCtrl+方向キーやソフト上の矢印ボタンをクリックしてフライスマシンを動かす操作のことです。
希望の値(mm/分)を入力して下さい。送り軸設定を超えることは有りません。

WS000005.jpg


以上で最低限の設定は完了します。設定後、ソフトを再起動して下さい。
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。