FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-19(Fri)

ショップページ 情報!

スリーブ

真鍮スリーブの在庫を補充しました!
スポンサーサイト
2010-11-15(Mon)

1軸ステッピングモータードライバ!

DSC00790.jpg

1軸ステッピングモータードライバの配線についてです。

入力はフォトカプラで絶縁されています。
入力方法は、+5Vに対してPU,DR,ENが0V(lowレベル)になった場合に反応します。

PU - ステップパルス
DR - 回転方向
EN - モーターへの通電



DSC00791.jpg

ドライバ用ケーブルで+5Vを出す場合は外部5V電源に切り替えてください。

DSC00793.jpg





DSC00795.jpg

一般的なモーターであればこのようなカラーになります。
2010-11-13(Sat)

スピンドルのインターバル!

NC-codeを実行中に、M03でスピンドルはオンになりますが
スピンドルが回転を始めてトップスピードとなるまで時間がかかる場合があります。
そのままだと、次のコマンドへ移る速度が速すぎて加工に支障が出ます。
そこで、下記の設定を変えることで次へ移るインターバルを変える事ができます。


delay.jpg

Outputs -> Delay -> CW On

この値で何秒かが変わります。
2010-11-11(Thu)

Feed & Traverse!

feed_20101111231837.jpg


Setting - General の Feed と Traverse は以下の設定値です。


Feed
 起動時のマシン速度です。マシン速度は Axes1 - Maximum speed で設定したほうが楽なので、それを超える適当な値を入れてください。

Traverse
 G00の際の空送速度を設定します。Maximum speed を超えることはありません。
2010-11-09(Tue)

バイポーラ!

バイポーラのステッピングモータを発売しました!

DSC00772.jpg

DSC00776.jpg

2010-11-08(Mon)

新CNC お披露目

DSC00764.jpg

CNCを新調しました。
今まで加工範囲の狭いものしかなかったため、大きな戦力になるはずです。
ショップページに追加した部品を主に使っています。
ボールねじブラシレスモーター、そしてCNC USB controllerです。
ボールねじで速度は異様に速く気持ちがいいです。
加工性の良いアルミへの加工は非常に静かでした。
同時に不満点もみつかったので次への構想を練っています。
2010-11-07(Sun)

ショップページ 情報!

4jaw_20101107175710.jpg

4爪 スクロールチャック Φ50mm を再入荷しました!
2010-11-04(Thu)

ショップページ 情報!

ショップページの商品内容を変更しました!
2010-11-03(Wed)

CNC USB controllerの設定について!

最低限必要な設定についての説明です。
主にデフォルトから変更するべき点です。
設定に関してはバージョンによって異なります。2010/11/3時点


setting_20101103202223.jpg
設定は上部プルダウンバーの File -> Settings.. から。


General
general2.jpg
"Units"
 単位の変更です。メートル/インチの切り替え。
"Speed"
 NCコード実行のF値を上書きします。あまり意味の無い設定なのでOverrideのチェックをはずしてください。
"Jog"
 Decelerate はマニュアルジョグ時の停止に減速を有効か無効か変更します。必須なのでチェックを入れてください。


Misc
misc.jpg
"Misc"
 Pause_Decelerate は一時停止に減速を有効か無効か変更します。必須なのでチェックを入れてください。
"ExtPin"
 E-stopの外部入力についてです。有効にするには、こちらを参考にしてください。


Axes1
axes1.jpg
"Axes"
 Steps/Unit は "何パルスで1mm進むか"の設定です。処理速度が間に合わなくなる場合がある為、マイクロステップは 1/4を推奨します。
 1回転200パルス, 送りねじピッチ2mm, マイクロステップ1/4 の場合 "400"です。
 Reverse は方向を反転します。マシンによって変更してください。
 Invert_Pulse はActiveLow/Highの反転です。CNC基板によって変更してください。特にカレントダウンで必要になります。
"Acceleration"
 Initial_speed はこの値の速度からモーターが回り始めます。ステッピングモーターでは "0" を推奨します。
 Maximum_speed は最高制限速度です。ジョグやG00の為の値を指定してください。
 Acceleration は加速の値を設定します。マシンによって変更してください。
"Backlash"
 現在、プログラム上の問題で無効になっています。変更しても機能しません。


Outputs
outputs.jpg

 変更の必要があるのはドライバイネーブル機能についてです。こちらを参考にしてください。



speed.jpg
最高速度はこの値に制限されます。"Maximum_speed"の速度まで有効にするにはスクロールバーを右端まで動かしください。
2010-11-02(Tue)

CNC USB controller基板の構成について

CUc基板の構成についてです。

overview.jpg

モータードライバとは MOTOR1~4 でつなぎます。

CNC USB connector自体はUSBバスパワーで動作します。
外部5Vで動作させるには、5VEXT/5VUSBのジャンパーピンを入れ替えてください。

CONNECTOR はスピンドルト等のコネクタです。

LIMIT はリミットスイッチインプットのコネクタです。

JOG はジョグ操作用インプットのコネクタです。
ボタンによってジョグ操作が行え、ソフトウェアにもフィードバックします。


inst.jpg
コントローラーはモータードライバに対して、ステップのパルスと方向信号を発生します。
ステッピングモーター等を動かすには間にドライバが必要です。

driver_con.jpg
MOTOR1~4はこのような構成になっています。
10ピンフラットケーブルコネクタでつなぎます。

DSC00734.jpg
フラットケーブルはこのように切ると使いやすくなります。
印のある側からENABLEです。
5VEXを使う場合は外部電源に切り替えてください。

イネーブル機能についてはこちらを参考にしてください。
Driver Enable機能!



CONNECTOR.jpg
CONNECTOR は1対1ケーブル(I/Oケーブル)でつなぎます。
この中で主に使うのはOUT1~3です。

OUT1 スピンドル アウトプット
OUT2 クーラント アウトプット
OUT3 ミスト または イネーブル アウトプット
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。