--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-30(Wed)

エチレンCNC製作記 その2!

DSC00347.jpg

リニアブッシュをはめますが、組み合わせに注意が必要です。



DSC00348.jpg

楽なのでハンドプレスを使いますが、今回はわりとゆるいので手ではまりそうです。
きつい場合はシャコ万でいいでしょう。


DSC00349.jpg

短いタップねじで固定します。

DSC00351.jpg

DSC00352.jpg



ここで問題が発生。

DSC00353.jpg

どうもねじの穴が合わないので無理やり組み立てたらブッシュが”ハ”の字になってしまいました。
明らかにおかしいので、メーカーに問い合わせです。
スポンサーサイト
2010-06-29(Tue)

エチレンCNC製作記 その1!

では、組み立てです。
今回は、塩ビCNCを使っていて感じた問題点を修正していきます。

DSC00333.jpg


DSC00334.jpg

バリが多いので少し落とします。


DSC00335.jpg

なんと塩ビCNCの問題点であった、
”ベアリングが圧入されているだけなので駆動範囲を超えてぶつかるとベアリングがずれる問題”
が解決されています!

左右をタップねじで固定します。
この改良には目からうろこが落ちました。

DSC00337.jpg

固定。
ひとつだけ厚いベアリングホルダーはZ軸用です。

DSC00339.jpg



DSC00340.jpg

やはり今回も送りねじは鬼門です。

オリジナルの組み付け方は圧入するわけですが、
それだとベアリング分のガタがバックラッシになるので修正します。


DSC00344.jpg

まずプラス交差をマイナス交差に。


DSC00345.jpg

スラスト方向の与圧を調整するためのスペーサーです。
今回は、1mm圧のスペーサーをたくさん用意して調整できるようにしました。

DSC00341.jpg

これでバックラッシを最小限に抑えます。

DSC00346.jpg
2010-06-28(Mon)

エチレンCNC!

DSC00328.jpg


塩ビCNCのメーカーから新製品が届きました。
高密度ポリエチレン製です。

今回のものには、CNCコントローラー・電源が付属しません。
主軸も別売りです。
ステッピングモーターは日本サーボのバイポーラが付属しています。


ぱっと見、かなり期待できそうです。


DSC00329.jpg

以前なら分割されているようなパーツが一体になっています。


DSC00330.jpg

ネジの質が上がった…。
2010-06-25(Fri)

ショップページ 情報!

新商品を追加しました!

DSC00331.jpg
2010-06-11(Fri)

中国CNCコントローラ!

DSC00317.jpg

中国製のバイポーラCNCコントローラです。

資料が一切無く、使い方がわからなかったので、
試行錯誤をしていたら動くようになりました。

まず、ピンアサインを調べました。
下がそれです。

DSC00324.jpg

DSC00326.jpg

みそは、"Active Low"です。



放熱部を外すと、ステッピングモーターICなどがあります。

DSC00318.jpg

使われているICはこちらでした。


三端子レギュレーターがあるのにインターフェイス側に給電されていない謎仕様。

DSC00320.jpg

無理やりつなげることで、24Vのみで動くようになりました。


DSC00321.jpg

モーターイネーブルにカレントダウン付き。
マイクロステップ1/8でF500まではスムーズに回ります。

発熱も少なく、悪くない印象です。
2010-06-07(Mon)

塩ビCNC実践投入!

塩ビCNCで基板加工をしてみました。

DSC00313.jpg

想像よりもかなり使い勝手が良いです。


PCBVカッターの取り付けにコツがあります。
スピンドルはドリルチャックなので芯精度はありませんが、

取り付けを繰り返しても、ほぼ同じ振れ方をするため、
カッターが良く切れる状態を繰り返すことも可能です。

そのために、チャックにマジックペンなどで印をつけて、
カッターがチャックに対していつも同じ取り付け角度になる様、
気をつけます。

これだけで、安価なこのスピンドルでも基板加工が十分実用に耐えます。
むしろ、適していると言っていいかもしれません。

DSC00314.jpg


DSC00315.jpg

回転数が低いのでエンドミルは少しきびしいですが、時間をかければ問題ありません。

テーブルサイズが広いと、大きい生基盤から取れるので楽です。


DSC00316.jpg

完成。
仕上がりもきれいです。
2010-06-01(Tue)

ショップページ 情報!

PCBVカッターの新しいセットを発売しました!

3hon_20100601194437.jpg
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。